医師

医師(いし)とは、医学に基づいた傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする医療従事者のこと。

歯科医師・薬剤師とともに、医療3師(医療系3大専門職)の1つ。

名称
日本では、一般に「お医者さん」「医者」とも呼ばれる。
「医師」という言葉は江戸時代以前から存在していたが、明治以降正式に名称として確立した。
米国では伝統的に医師は「Physician」と称される。
また専門分野ごとに「内科医(Physician)」と呼ばれたり「外科医(Surgeon)」と呼ばれたりもする。
欧米で医師の一般名称「Physician」に対して外科医だけが「Surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。
博士の学位を持っていない医師までも「ドクター(Doctor)」 と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。本来なら「マスター(Master)修士」のさらに上にある学位の名称である「ドクター(Doctor)博士)」が、転じて医師の名称としても用いられるようになったのは、「医師制度」の発展してきた歴史的背景および免許取得過程上要求された学位が関係している、とされている。
医師はフランス語ではMédecin(メットサン)、ドイツ語ではArzt。
[編集]
歴史
古代には病気というものに対して悪魔や神によるもの等と信じられていたため「医師」という職業は世界各地で現在でも宗教と密接に関わっていたものが多い。

西洋において「医」の象徴とされているのはギリシャ神話に登場するアスクレピオスである。アスクレピオスの杖はWHOを含めて世界各国で「医」の象徴として用いられている。しかし、古代ギリシアにおいて医師は奴隷の仕事であった。また古代ローマにおいても医師の地位は高くなかった(ただし、医師には市民権が与えられたという)。

医師の社会的地位が高くなったのは中世のヨーロッパにおいてである。人の命に関わる重要な職業なので、専門職として特別な地位を与え、それに応じた責任が求められるようになった。なお、中国では儒教の影響で医師の社会的地位は現在でも芸術家(陶芸家など)と比べてかなり低い。理由として、中国では何も無いものから形あるものを作り上げる行為に高い価値観を持つためであるといわれる。

東洋において「医」の象徴とされているのは一般に薬師如来が知られているように、日本においては「薬師(くすし)」と呼ばれた和漢薬の専門家が医師の起源となる。当時の薬学である本草学に基づき生薬を用いて診療を行った。日本の漢方医学は中国の漢方医学とは16世紀頃分かれて独自の道を歩いている。

江戸時代においては士農工商の工に当たるとされたが、士分に準ずる扱いを受けることもあった。明治時代、西洋医学を日本に導入するため西洋から医者を招いた。このとき軍医を主に招いたのは明治政府が医師=士という考えを定着させようと考えていたためであった。また「医師」という呼称が用いられるようになったのは明治時代に入ってからである。それ以前は普通に「医者」と呼んでいた。

日本では明治維新後の制度変更によって、漢方医を志す医師であっても西洋医学を学ぶことが必須とされるようになったが、中国や韓国ではそれぞれ中医、韓医師という医師とは別の資格が並立している。

日本の医師制度
医師免許取得過程は医学教育を参照。
日本で医師の根拠となっている法は「医師法」である。

医師法第17条に「医師でなければ、医業をなしてはならない。」とある。

もっとも、医師以外による医療行為が全て禁止されていることを意味しているのではなく、医師法以外の法規にて医療行為が許可されている範囲で、医師以外の者が医療行為は行うことは認められる。例えば、歯科医師は歯科医師法にもとづいて医療行為を行ってよい。看護師や助産師も、医師の指示に基づく場合など、保健師助産師看護師法所定の範囲内での医療行為を行ってよい。レントゲンなどを扱う診療放射線技師や、リハビリを行う理学療法士・作業療法士、救急車で初期救急にあたる救急救命士も然り。これらのことから、医師法17条を、法的な文章ではなく日常の文章で表現するならば 単に"医師は医療行為を行ってよい" ということを意味しているにすぎないという意見もあるが、あくまでも、医師の指示ないし監督下にあることが前提となっている。なお、医師法17条があっても、歯科医師法の効力により、医師が歯科医業を行うことは無資格者による行為として処罰の対象となる。また、民法の規定に基づく監護権を根拠に、親が子供の応急処置を行う場合も、処罰の対象とはならないと一般には解される。詳細は無資格診療の項参照。
保健所の所長、病院および診療所の管理者(院長)は「医師」でなくてはならないと定められている(医療法)。

「医師」は国家資格であり、「医師国家試験」に合格して医籍登録を完了したものに厚生労働大臣より免許が与えられる。1999年に改正された医師法第16条の2に「診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。」と明記され、2004年度からは、臨床医として勤務するためには2年間以上の臨床研修を行うことが努力義務とされた。臨床研修を終えていない医師は、医業を続けることはできるが、病院・診療所の長となることができない。この間の「医師」を一般に研修医とも呼ぶこともある(資格名ではなく通称名)。ただし、基礎研究医や産業医、社会医学者、法医学者などはこの義務はない。しかし、これらの分野でも認定医取得条件や求人に2年間の臨床研修を義務づけている場合もある。

2004年5月現在、医師免許に更新期限はなく、医療過誤、犯罪等による資格停止・剥奪は厚生労働省医道審議会により決定され、通常は生涯にわたって有効である。また日本の「医師」免許は診療科ごとに交付されるものではなく「医師」は法律上はすべての診療科における診療行為を行うことができる、とされている。

年々、医療の細分化・専門科が進み、多くの医療資格(コ・メディカル)ができているが、古くは、医療行為は医師のみで行われてきたものであり、現在でも、離島や過疎地では医師一人で多くの診療科に対する医療行為を完結させる必要がある場合も少なくない。そのため、法律上は、「医師」は(「医業と重複しない歯科医業」を除き)全ての医療行為を行うことが可能、とされ、1人の患者さんを前にしたとき、「医師」の資格は、「歯科医師」を除く全てのコ・メディカル資格保持者(看護師、助産師など、場合により薬剤師も)が行える医療行為を包含する。

近年では日本でも医療の専門傾向が高まり、各診療分野の学会が「学会認定医」、「学会専門医」などの学会認定専門医制度を導入しており、一般診療者への技術度の目安として広まりつつある。しかし、これらは法的には「肩書き」に過ぎず、所持していなくても診療科を標榜することは可能。(但し、麻酔科を標榜するには厚生労働省の許可を得なければならない。(医療法第70条2項、及び医療法施行規則第42条の4に基づく))

また、「医師」には「一人医療法人」という制度があって、「医師」一人でも医療法人が設立できる。